FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

PS3以降の進化の方向性:もしくはバーチャルリアリティに関する妄想

CellつまりPS3が今後向かうだろう、ある認識処理をゲームに生かすためのリアルタイム化という方向性がバーチャルリアリティに向かうということについて自分なりに少し書いてみたいと思う。突拍子がなく、まとまりきれていない話を書くが、おそらく10年後にはかなり明確な形で提示されていると思うので軽く妄想してみる。

まず、Cellというプロセッサは今後SPEつまり演算ユニットを増やしていく方向で発展していくと思う。つまり、PS4では、5GHz駆動(現在3.2GHz)のメインCPUに16個のSPE、次は6.0GHzに32個という風に。これは、つまり、リアルタイムに並列処理可能な情報量が増えることを意味する。逆に、並列化できない過去の状態、他の情報に強く縛られる処理に関する性能はほとんど伸びないはず(これはまず間違いない)。

これが、演算処理をどういう方向に向かわせるかというと、音声認識処理、画像認識処理、パラメータ最適化、パターン最適化というような現在リアルタイムには処理できない処理をすべてSPEによって専用ハードウエアを乗せることなくリアルタイム処理にするという方向に向かうのではないかと思う。

それが、ゲームにどういう風に絡んでくるかというと、おそらくまずは物理シミュレーションを行い、それをユーザにどういう風に見せるかという部分で絡んでくるはず。現在のイベント駆動型から物理シミュレーション型のゲームが登場したとき、おそらく一番の問題点はその世界をどういう風にユーザに体験させるかということのはずだ。

視点を決めるにしても、もうユーザーはゲームを構築した人間が決めたルートを通るとは限らない。5.1chで鳴り響く音を決めるにしても、ゲームミュージックが鳴り響く世界から、リアルタイムに巨人の足音と竜の咆吼が聞こえてくるはず。なんか、そういうことをいちいちゲーム設計者が決めなくとも、ある程度のパラメータと評価関数を与えてやれば、勝手に最適化するっていう方向が一番楽だし、柔軟性が高い。

で、そんなサポートというものは、段階的にバーチャルリアリティという概念に絡んでくる。もちろん、そのときまでにはインターフェースの発展も必要不可欠だが、インターフェースの発展に関しては、任天堂が素晴らしい仕事をし続けているので、そちらに期待したい。

バーチャルリアリティというものがどんな世界かというと、おれはまず距離という概念を完全に超越したコミュニケーションが可能な世界であると考えている。それが現実社会か仮想世界かはあまり問題ではない。すでに、音声、画像においてはほとんどインターネットにおける擬似的な神経接続がSkype、ライブカメラという形で済んでいることを考えると、実は技術的基盤において(嗅覚、味覚をのぞけば)バーチャルリアリティとして触覚以外に満たすべき要素はない。現実的に考えて触覚を満たす装置というものはかなり大がかりなものになってしまうため、触覚の情報をなんとかパラメータ、声という形で現在のゲームは伝えているわけだが、この部分に関してなんとか有り余る演算処理能力を使って、リアルタイム性を与えるというのが、今後の課題だろうか。

もちろん、すべてのゲームメーカーがこんなことをできるわけはないので、完成度の高いフレームワークを提供し、APIをすべてフリーで解放、もしくはオープンソースソフトウエアにしてしまい各ゲームメーカーはその世界観セットを売るというのがビジネスモデルだろうか、、、

なんだが、よくわからないエントリーになってしまった。もう少し思考をまとめてからかけばよかったな。

デジカメ購入前にはこんなサイトを読めばいいと思う

デジカメに関して、素晴らしい知識を持ち、素人にははっきりいって理解不可能な評価基準で各デジカメを評価してくれるサイトがいくつか存在する。そのなかでも、頼りにできるのが以下の二つのサイトだと思う。

  • 変人窟

http://www.henjinkutsu.net/

  • ぴこていこく

http://www11.big.or.jp/~kkk/pico/

たとえば、現在、アマゾンでセール中のFUJIFILM FinePix S9000 FX-S9000だと以下のような評価を下している。

FUJIFILM FinePix S9000 FX-S9000

FUJIFILM FinePix S9000 FX-S9000

  • 変人窟: 11月30日

ハッピーセール対象商品なのでこの値段から5000割引+7500還元入るのでかなりおいしい値段になると思う。とはいえなんで今更S9000の話って言われそうですが実は先日知人の知人がS9000を買って触らせてもらう機会がちょっとあったのでそれを思い出したから。結論から言うとこのカメラはヤバイ、デジタル一眼もってる人がサブカメラの感覚で買うと確実にメインの一眼使わなくなるぞ。スーパーマクロの1cm、んで28mm〜300mmをこれ一台でカバーできて単三電池駆動+マイクロドライブというのはある意味カメラとしてはひとつの終着点じゃないんだろうか。もちろんいろいろな不満はあるしデジタル一眼と比較して劣っている点も多々ある(レスポンスや画質など)、けどそれは欠点としては決して致命的でない範囲内であると俺は判断したし、そういった意味では今一番欲しいデジカメはS9000です。

さらに、現在スーパーセール中のKonica Minolta DIMAGE X1だとこんな紹介がされている。

Konica Minolta DIMAGE X1 ブラッククローム DG-X1K

Konica Minolta DIMAGE X1 ブラッククローム DG-X1K

  • ぴこていこく: うわDiMAGE X1安っ

http://www11.big.or.jp/~kkk/pico/?date=20051129

薄型手ぶれ補正800万画素機と売れ筋要素を突っ込んであるこの機種なんだけど、恐るべき落とし穴がある。普通より半段暗いF3.5レンズかつ、最大ISO感度設定が200まで。つまり「光が足りない状況に弱い」のだった。大抵は手ぶれ補正があるから問題ないけど、室内猫撮りみたいな動くものの撮影で苦労するパターン。

ていうかDiMAGE X系ってISO200上限が多い(ふつーのデジカメは上限400が多い)けど、この手のカメラにとって画質はさほど重要でないと思うんだけど。画質ボロボロでもいーからISO100000000くらいに設定させてください。

反面、望遠端でもF3.8とあまり暗くならないんで、手ぶれ補正もあいまってズームカメラとしては使いやすげ。またマクロ撮影も標準マクロはモード切替いらず。カメラに慣れてない人には意外とこのモード切替ナシが嬉しいもので、他人に薦めるにはたいへんに向く。スーパーマクロは5cmながら広角端でなく62mm相当で固定されてるのも好印象。

ISO感度の件もあるが、薄型で屈曲光学の割には単純な画質はキレイ。ちょーっと画素数がんばりすぎてる感があり、あちこちのサンプルを見てるとたいへん景気よくパンパン白飛び画像を量産する傾向があるっぽい。丸っちいデザインは意外とガッチリした手応えで、持ってみると好印象。だけど、底面もほとんど丸いため大変に直立しづらく、そのへんにヒョイと置いての撮影がしにくいので勘弁してください。

なんだか専門的な単語がバンバン出てくるけど、この辺の単語が理解できるようになるとデジカメ選びが断然おもしろくなるらしい。そんなわけで、デジカメ購入を考えている人とかはきっちり狙っているデジカメをチェックしたりするといいと思う。ついでに、ぼくはお金がないので買えませんが、個人的にはFinePix F11が今、一番欲しいデジカメです。

スケジュール管理サービスってなにがいいのかな

最近、Webサービス型のスケジュール管理サービスを使いたくてしょうがない。ローカルに情報を持つ必要はまったくないのでアプリケーション型はいらない。

まず、うざおもいYahooとかその辺のポータル系のサービスは問題外。

自分的にはブックマークを通してblogとかと連携でき、タグ管理ができて、メモにも使えて、時系列編集ができ(これは当たり前か)、wikiっぽく構造化テキストが使用できて、軽くて、検索も対応しているものがいい。あとインターフェース的に長期的な利用にも耐えれるものがないと。

できたら、関連するメールとかをGmailと連携して登録とかしたいけど、それはさすがにGoogleがカレンダーを作らないと無理か、、、

そんなわけでいろいろ見てみたけど、

  • スケジュール指向webメモツール:Calki

http://collisions.dotimpac.to/works/web/calki002.html
これが相当よさそう。
サンプルページはこんな感じ。デザインはあんまりいくないので、CSSはいじるとしてー。
http://realtimemachine.sakura.ne.jp/calki/

サーバ借りたら、これを導入しよっと。

「SSLを入力画面から使用しないのはそろそろ「脆弱性」と判断してしまってよい」らしい

  • SSLを入力画面から使用しないのはそろそろ「脆弱性」と判断してしまってよいころかも

http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20051130.html#p01

就職の個人登録サイトとかって使っている方が珍しいよね。特にコンサルだったり、SE系がそんなだったりするから、本当にここの会社大丈夫か?って思います。