FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

香港旅行記:一日目

卒業旅行として、おなじ研究室の修士2年生10名と香港旅行に行ってきました。

16時20分の成田空港集合にあわせて、横浜で彼女と待ち合わせ、そごうのデパ地下で電車で食べるお弁当を購入。本当はお弁当は中華が大好きなんだけど、香港に行ったら間違いなく全食中華なので、ここでは豚テキ丼をセレクト。

京急、都営浅草、京成のコンビネーションで成田空港へ。途中で豚テキ丼食べたけど、美味しかったー。で、成田空港に集合。一人が体調を崩して参加出来なかったけど、当日キャンセルでも半額が返還されるようなのでよかった、よかった。HISも結構やりますな。

途中の、チェックイン時の荷物検査でIの携帯用ウォシュレットがノースウエスト空港のチェックに引っかかり、なんか説明で相当時間を使っていました。というのも、普通、液体を持ち込む時は、その液体を飲んで、安全性を証明するので、携帯用ウォシュレットも意を決して飲むかと思ったのですが、さすがにそんなアブノーマルなことはIとはいえやりませんでした。隣の変態Kは間違いなく「飲めー」と心の中で思っていたと思います。

出国ゾーンに入ったら、とりあえず当座のために、香港ドルに変換。このときのレートは1HKドルが17.8円でした。ただ、なんでもバックパッカーの聖地と呼ばれる重慶マンションっていうところで、インド人の両替商からHKドルに返還するのが一番レートがよいらしいので、ここでは5000円ほどしか変換しませんでした。

で、これで台湾に続き、2回目の出国。18時20分発の飛行機で、香港に。
5時間ほどのフライトで香港に到着。時差1時間なので時計を調整して、香港空港に到着。新しく完成した香港国際空港は超巨大で、入っているお店もなかなか楽しい。ガイドさんにつれられて北角にあるNEWTON INNというホテルに向かう。ホテルに向かうまでの1時間ほどのバスは初めて見る香港の町並みにテンションもあがり、約2名は奇声を発していました。香港では、日本の法律では絶対に許されない建坪率で立てられた密集マンションが軒を連ね、さらにそれが竹を足場に作られているのにびっくり。竹の強度恐るべし!

NEWTON INNは、かなりちゃんとしたビジネスホテルなんだけど、周りが結構な路地裏でちょっと匂う。でも、北角駅まで歩いて3分くらいだし、ホテル内は相当快適なので、3泊4日35000円の旅にしては、相当いいかなって感じました。

とりあえず、ここまでで知った香港旅行の豆知識。

  • 部屋の中に現金をおいておくと、チップだと解釈されて持って行かれてしまうので、注意しましょう。
  • ホテルの部屋には、毎朝部屋をきれいにしてくれる人のためにチップを置きましょう。
  • 香港の水道水はきれいらしいけど、硬水なので飲むのは止めましょう。
  • セブン・イレブンが至る所にあり、日本とおなじシステム化された接客は共通です。有効利用しましょう。
  • 2月の香港は少し熱いけど、観光するには最適そうな気候です。朝の霧を抜かせば、最も快適にすごせそうな気がします。

初日はそのまま、コンビニでミネラル・ウォーター、コーラ、お菓子を買い、バタンキュー。明日の食べ歩きに備えました。初日はそんな感じ。写真はみんなからゲット次第、順次掲載します。

香港旅行記:二日目前半

二日目は朝8時分にホテルの前に集合し、北角の駅に歩く。この日は全員で行動しする予定なので、がんばって起きる。NEWTON INNから北角駅までの道はまさしく異界。魚がほぼ全て生きたまま売られており、生きている事になんか価値があるのかもと思う。あと、とっても生臭い。

まず、朝の目的は、みんなが一度食べてみたいと思っていた朝粥を食べること。「羅富記粥麺専家」っていう、中環駅から徒歩10分くらいのSOHO近辺にある粥屋さんが有名とのことなので、とりあえず有名な粥屋の味を一度体験してみるため、そこに向かう。かなり寝不足なのだが、二日間の日程なので、寝坊している暇もなく、歩いているときの顔はみんなかなりうつろな感じ。

で、よっこら歩いて「羅富記粥麺専家」に着いたのだが、そこで、肉丸粥(豚の肉団子入りの粥、18HKドル)を食べる。他に、魚だったり、いろいろな粥をみんなで注文して食べたけど、彼女は内臓入りの粥を食べていてびっくり。味は非常に濃厚な鶏ガラの味がして、美味しい。こっちの粥はしっかりだしを取った上で、とろとろなのだが、米の味がしっかり残った塩梅で粥を仕上げているため、寝不足でふらふらのおなかにもすんなりはいる。一緒に行ったHは「いくらでもたべれるわー」っと言って、食べていたけど、たしかに朝一番でこれを食べたら昼飯とかも、いい感じで胃腸が活性化されていて食べることができるかも。

その後、なんか町中を貫通するヒルサイド・エレベーターっていうのに乗って、金融街の方に。金融街からスターフェリーに乗り、香港島側から、九龍側に移る予定。この金融街には、日本の高層ビル群ではとても許されないような密集率でビルが建築されており、その形も風水ビルということで、奇抜なことで有名。

  • こんなかんじ。これは九龍側から香港島を見た風景。

http://www.9393.co.jp/naorugan/kako_gan/2005/05_0927_naorugan.html

この辺を歩いている人々は、いかにもビジネスマンでいい物を着ている。しかし、ほんの100メートルほど歩くと、いかにも庶民な町並みが広がる。この急激な風景の変化はおもしろい。特に中環ではそれが明確。

スターフェリーでは1.7HKドル(30円くらい)で香港島から九龍に移動することができる。フェリーにも下(1階)と上(2階)で値段が違うのだけど、ここでは1階に乗ってみる。たしかに現地の人が多く乗っていると思うけど、もともとスターフェリーは庶民の足なので、あんまり差は無いと思う。ただ、地下鉄のトンネルが通ってからスターフェリーを利用する人の数は減ったらしく、結構空いていてかなり快適。香港にきたら一度は乗るべきだと思う。

  • 香港MTR

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AFMTR

で、九龍側に着たら、尖沙咀駅の近くにある重慶マンションに。ここの2階のインド人の両替商のレートが日本円を香港ドルに変換するには一番いいとの口コミ情報があったので、レートを調べ、ここで香港で使うお金を調達することにする。

で、調べてみたのだが、現時点で10000円で658HKドル(1HKドル15.2円)が変換可能。空港では、1HKドル17.8円だったので、これは1割以上お得のものすごい高水準レート。ついでに、この日の為替レートが1HKドルが15.1円だったことを考えると、手数料は2%以下。香港旅行に行ったら、絶対に重慶マンションでお金を返還するのは鉄板かも。ただ、街の真ん中にあり治安がいいとは言え、さすがに女の子一人でこのインド人あふれる建物の2階に行くのは度胸がいると思うので、2人以上で行った方がいいと思う。ただ、カレーの名店もこの中にあるらしくカレー好きは行く価値があると思う。

返還後、2時間ほど散開し、町中を散策。途中のベーカリーで買った、マンゴータルト(7HKドル)が非常に美味しかったらしくMさんが「美味しいー」と絶叫しておりました。俺が食べたマンゴークレープ(7HKドル)もなかなか。2日目の昼は飲茶と決めていたので、その後、安心して美味しい飲茶が食べられる海港城に。そこの「翡翠拉麺小龍包」っていうお店で飲茶を食べることになりました。このお店は銅鑼灣駅にあるタイムズスクエアにも出典している小龍包が美味しいことで有名なお店で、12時っていう香港ではかなり早い時間に行ったのですが、それでもかなり混んでいました。(香港ではお昼は13時くらいからが本番)

じゃ、長くなったので、続くってことで。