読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

自分の中に取り込もう、この言葉を

コメント

昨日の日記でもふれたが、ラリー・ページの以下の言葉があまりにもいいので、英文を調べてみた。
http://d.hatena.ne.jp/himazublog/20051107/1131301509

エンジニアとはそういうものだと思う。エンジニアとは科学者と科学を実際の物に適用して現実世界で物事を起こす人との組み合わせだ。それは素晴らしいことだ。今、多くの人がエンジニアリングを使いっぱしりか収入を得る手段としか考えていない。しかし、エンジニアこそが巨大な変化をもたらすことができるのだ。ちょうどGoogleのコンピュータと何百万人の利用者のように、君たち2・3人で、世界中の誰もが使い始め、生活を向上させたり、大きな影響を受けたりする何かを作り出すことができるのだ。そのような職業は非常に稀だ。

この部分が、以下の英文のようだ。

I think that is what an engineer is, your a combination of a scientist, someone who can really bring that to practice, and really make things happen in the world. That's a wonderful thing. Now a lot of people think of engineering as a courier or a way to get money, but your really the people in the world that can make a huge change. You know, just like our computers and our millions of users, a couple of you can make something that everybody in the world can start using, improves upon their life, or has a huge impact. There's very few professions where that's true.

素晴らしい。エンジニアとしてこのぐらいのサイズの野望を持って生きることは悪い話ではない。