読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

ワーキングチェアはLeapがダントツ

グッズ

今日は、みなとみらいの大塚家具でワーキングチェアに座ってきました。働き始めたらいい椅子に座ろうと勝手に決めていたので、いろいろ座ってきて、この前、ヤマギワリビナでセデスとウィルクハーン、アーロン、コンテッサに座ってきたのですが、どれもあまりしっくりせず、あとは、バロンとLeapHD2に最後の期待していました。

で、大塚家具に入るためには、住所と名前、電話番号を記入し、さらに一組に一人添乗員が付くのですが、これが結構うざい。まぁ、でもLeapに手っ取り早く座るためには横浜だとここしかないので、我慢です。

で、念願のLeapHD2、アーロン、コンテッサ、バロンに座り比べた結果の感想。

各椅子の公式ページ。ワーキングチェアーを知らない人は、想像を絶する価格にびっくりすると思う、とりあえず下にだいたいの値段を書いておきます。

まず、アーロンチェアにすわってみたのですが、良くも悪くも標準の良さです。何度か、アーロンには座ってきたので、この感じは覚えていたのですが、普通の感じです。ミラチェアは以前座ってみたのですが、デザインは好きなのですが、自分に合わないのは体験済みでした。

次に、LeapHD2へ。これが自分に本当にしっくりきました。具体的にいうと腰へのサポートが全然違います。腰を立体的構造で支えている感じ。これがコンテッサになると、後ろに腰当てがあるのですが、座り比べた結果、自分にはLeapHD2の方があっているようでした。また、座面調節機能も本当にしっくり来ます。これに座ると、残念ながらアーロンが安く感じてしまいました。まぁ、LeapHD2はアーロンからかなり後にでた椅子なので、進化しているのは当たり前なのですが、これは、本当にいい椅子だと思いました。コンテッサ、バロンも結構よかったのですが、LeapHD2に比べるとかすんでしまう感じです。

心残りは、LeapとLeapHD2を座り比べることが出来なかったことですが、(LeapとLeapHD2の違いは横幅が5cmほどLeapの方が大きい)まぁ、座った限りだとLeapHD2でも問題なさげです。LeapはLeapHD2より6万円ほど高かったりしますから、よほどのアドバンテージがない限り買いません。でも試座はするつもりですが。

ワーキングチェアはソファーとかと違い、本当に自分にあうかどうかの世界なので、断言は出来ませんが、俺にはLeapがダントツのよさでした。そんなわけで、たぶん、働いて最初のボーナスはこの椅子を買うことになると思います。、、、あー、ボーナスなかったっけ、就職する会社。(なんだ、このオチ)