読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

C++の設計と進化を読書中

日記

現在、読書中。-1章、0章、1章読了。

C++の設計と進化

C++の設計と進化

  • 作者: Bjarne Stroustrup,ビョーンストラウストラップ,επιστημη,岩谷宏
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2005/01/19
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 322回
  • この商品を含むブログ (160件) を見る
めちゃくちゃおもしろい。引用したい言葉が山のようにあるが、C++を作ったStroustrupがJavaを引き合いに出し、言語としてのJava自体よりも、Sunの行ったマーケティングにより大ダメージを受けた他のマイナー言語のことを考えているのが、印象的だった。Javaの初期の失敗は最初の実装の段階から、リッチな言語にしてしまったこと。プログラミング言語というものは、最初は小さくてパワフルで、それを経験主義に基づき拡張していくべきであるという考え方はRubyを作ったまつもとさんも述べていたので合点した。

あと、STLとテンプレート、例外処理についての記述がおもしろい。特にC++からテンプレートと例外処理を省いた組み込みC++が、実はそれを省くことにより損失の方が、省かないことに受けた損失よりも大きいことを指摘しており、そのような場合においては、機能を省いた言語を使うのではなく、その機能をできるだけ使わないようにするべきだというアプローチを述べていたのが印象的だった。

まぁ、全部読んだら、書評書きます。