読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

SQLObject

勉強

Python上でMySQLを扱いたかったので、もっともスタンダードと紹介されていたSQLObjectをいじっています。

  • SQLObject

http://www.sqlobject.org/

そして、疑問。いきなり、こんな高次なものから入ってしまっていいのでしょうか、、、いきなり配列ではなくvectorから入るような、そんな感じです。インストールの注意として、apt-getでpython-sqlobject,python-mysqldbをインストールしてインストール完了と思った人は、
http://www.sqlobject.org/download.html
にかかれている通り、easy_installを使ってインストールしましょう。apt-getでpython-sqlobject,python-mysqldbを入れただけだと、なんかモジュール足りなくて、sqlhubが通らないのですが、いったい何をインストールすればいいのかよくわかりません。

使い方なのですが、基本的には

connection = connectionForURI('mysql://user:passwd@localhost/test')
sqlhub.processConnection = connection

これで、接続を確立したら、あとは好き勝手やるだけです。

Table作るときは、サンプルにかかれている通り、以下のようにclassを定義して、createTable()です。

  • SQLObjectのチュートリアルっぽいテキスト

http://www.python.jp/~ymasuda/sqlobject/SQLObject.html

これで、PersonというTableができるので、あとはこのTableに
Person(firstName="John", lastName="Doe")
これで、setできます。getは通常のselect構文を用いるPerson.select(命令文字列)というアクセスを用いるのが良さそうです。とりあえず、基本はそんな感じでさらに発展がありそうですが、今日はこの辺でおしまいです。