読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

最近の読書

日記

とりあえず、BSD本を11章まで読みました。

BSDカーネルの設計と実装―FreeBSD詳解

BSDカーネルの設計と実装―FreeBSD詳解

  • 作者: マーシャル・カークマキュージック,ジョージ・V.ネヴィル‐ニール,砂原秀樹,Marshall Kirk McKusick,George V. Neville‐Neil,歌代和正
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2005/10/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 122回
  • この商品を含むブログ (54件) を見る

やっとネットワーク通信まで入ったのですが、ファイルシステムが異常に長かったー。こんなにファイルシステムが複雑だとは思いもよりませんでした。

BSDはUFSをファイルシステムとして採用しており、1980年代当初、他のファイルシステムが24ビットブロックポインタを採用している中、UFS1は32ビットブロックポインタを採用しました。32ビットブロックポインタを利用することで、当時330Mバイトが最高のディスク容量の中、4テラバイト近くの容量を扱うことが可能になったのですが、2002年にそれでも不足することが容易に想像がついたので、64ビットブロックポインタのUFS2が開発されます。このあたりの話がおもしろかった。Linuxが採用しているEXT2とかも興味が出てきた。しかし、この本はそれにしても長い。

で、やっぱりこの本評判いいみたいですね => 僻地のプログラマkmt-t - わりとどうでもいい日記 1.0

リアルタイム レンダリング 第2版

リアルタイム レンダリング 第2版

  • 作者: Tomas Akenine-Moller,Eric Haines,加藤諒,秋山謙一,川西裕幸
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2006/06/09
  • メディア: 大型本
  • 購入: 1人 クリック: 112回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る

しかし、高い。もうちょっと安かったらなー。悩ましいところです。そういえば、先輩が買っていたのでEffective C++の第3版をちら見したのですが、なかなかおもしろいトピックが満載でした。ただ、かなり力をいれて紹介されていたテンプレートメタプログラミングはさすがに普段使う機会はないかなー。他の人が読めなくなっちゃうからさ。最近の読書はそんな感じです。