読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

DLNAサーバ機能付きメディアコンテンツアグリゲータ coRockets 0.8 βリリース

coRockets

先日のエントリーでも紹介しましたが、WindowsアプリケーションであるDLNAサーバ互換機能付きメディアコンテンツアグリゲータ coRockets 0.8をβリリースします。

[追記] 0.8.1がリリースされています。

[追記 その2] 0.9がリリースされています。

coRockesはアドオンを通して、ネット上の写真、音楽、ビデオなどを収集し、それらのマルチメディアコンテンツをプレイリストライクなお気に入り機能で管理できます。また、それら収集したコンテンツをDLNAサーバとしてPS3などの機器に配信する機能を備えています。DLNAの説明は以下をどうぞ。

まず、今回のリリースは年内になんとか形にすることを目指したβリリースで、2月末の未踏最終成果発表会に向けてcoRockets 1.0の開発は続けているのですが、このタイミングでcoRocektsを主にWeb開発者などのプログラマにお見せすることで、アドオン開発などへの興味を持ってもらいたいと考えています。

あまりソフトウェアに詳しくない人にはなかなか挙動を把握することが難しい箇所もあるかと思いますが、そちらの完成度が低い部分に関しては2月末のcoRocktes 1.0の正式リリースまでになんとかしますのでご容赦いただければ幸いです。

注: 長いエントリーですが、coRocketsをインストールするために重要な情報が含まれているので、インストールをしてみようとお考えの方は是非ご一読下さい。

coRocketsをインストールする前に

まず、coRocketsを動作させるに辺り、.Net Framework 3.5が必要となります。.Net Framework 3.5がインストールされていないPC(ほとんどのPCが該当すると思います)をお使いの方は、以下のURLから.Net Framework 3.5のインストールファイル(dotNetFx35setup.exe)をダウンロードして、.Net Framework 3.5をインストールしてください。

また、coRocketsのDLNAサーバ機能を有効化するためには、バージョン2.5以上のPythonが必要です。Python 3.0では動作確認をしていないため、以下のURLから必ずバージョン2.5 or 2.6のPythonのmsiファイル(python-2.5.2.msiなど)をインストールしてください。

さて、ここまでで.Net Fremework 3.5がインストールされ、さらにDLNAサーバ機能が必要な方は、Python2.5 or 2.6をインストール(DLNAサーバ機能が不要の方は必要ありません)したら、上記URLからcoRockets-0.8.zipをダウンロードし、お使いのPC上でzipを解凍してください。解凍後出現するフォルダ内にあるcoRockets.exeをダブルクリックすればcoRocketsが起動されます。.Net Framework 3.5がインストールされていないと「アプリケーションが正しく初期化出来ません。」というようなメッセージが表示され、coRocketsが起動されませんのでご注意ください。

coRocketsの使い方

coRocketsをダブルクリックすると最初から登録されているそれぞれのアドオンが起動され、Webサービスからコンテンツを収集しはじめます。以下はあるていど時間が経ち、アドオンがコンテンツを収集した後の画面です。

現在、以下のアドオンが初めからインストールされており、上の画面は「FFFOUND!」アドオンをクリックした時の画面です。

Tumblr.アドオンは以下の設定画面でuserを変更することで、画像を取得するTumblr.のユーザを変更することが可能です。最初は僕のTumblr.であるグラビアアイドルTumblr. drill equipment が設定されていますが、ご自分のTumblr.または好きなTumblr.を選択してください。

また、Tumblr.アドオンを複数インストールし、いろいろな人のTumblr.をチェックしたい人は上の画像の「追加」ボタンをクリックし出現するファイルダイアログ内で、coRocketsをzip解凍して出来たフォルダにある「tumblr_addon.xml」を選択してもらえれば、tumblrアドオンを増やすことが出来ます。今後はこのようなかたちで様々なアドオンを順次提供していく予定なのでご期待ください。

他に画像のスター画像をクリックすることで「Favarities」に登録されるお気に入り機能、さらにコンテンツをクリックすると各画像の詳細が表示されるのですが、そこからスペース区切りでタグを追加できるタグ機能などを提供しています。

coRocketsのDLNAサーバ機能を有効かするためには、Optionsの設定タブにある「DLNAサーバを起動するためのpython.exeのパス」という項目を正しく設定する必要があります。普通にPython2.5をWindowsにインストールするとおそらく「C:\Python25\python.exe」というパスにpython.exeはあると思うのですが、ここにインストールされたpython.exeのパスを正しく設定してください。ここの設定部分の敷居が高いのですが、将来的にはインストーラで自動化する予定なので、ご協力いただければ幸いです。

ここでpython.exeのパスを正しく設定すると、coRocketsを次回起動したときにはDLNAサーバ機能が有効化され、アドオンによって取得されたコンテンツが全てDLNAサーバで配信されます。現在はPS3をDLNAプレイヤーとして正式にサポート(動作確認)しています。アドオンが取得したコンテンツが透過的にPS3で閲覧できるのは非常に楽しいです。あと、これはDLNAサーバソフトウェアとしての基本機能ですが、Options -> 「コンテンツ」で設定したiTunes、フォルダもDLNAサーバとして配信されます。お楽しみください。

大きな制限事項

さて、本日リリースしたcoRocketsですが、いくつか制限事項があります。まず一番大きな制限事項はアドオンがコンテンツを取得してもDLNAサーバ側がその更新通知をDLNAプレイヤに通知してくれない点です。現状、アドオンが取得したコンテンツをDLNAプレイヤ側で閲覧するためにはcoRocketsをいったん終了し、再度起動する必要があります。この制限はcoRocketsをWindowsのホームサーバで起動させっぱなしにして、アドオンが取得したコンテンツをPS3上で楽しむという僕たちが想定した使い方が出来なくなってしまうので、次回のリリースまでには必ず修正します。

不具合に関しては、後ほど不具合報告ページを作成するので、まずはコメントなどでいただければ幸いです。

今後の予定

coRocketsはバージョン0.9を1月末、バージョン1.0を未踏の最終成果発表会がある2月末にリリースする予定です。今後はダウンロード機能の強化、検索機能の追加などを行いつつ、リコメンデーションエンジンを搭載する予定です。また、アドオン開発における仕様書も出来るだけ早く公開するつもりなので開発者の方は今しばらくお待ち下さい。

あと、近日中に以下のようなエントリーを掲載する予定です。

  • coRocketsを利用してPS3をMTV化するテクニック

上記エントリーではビルボードの今週Top 10を取得するビルボードプラグインとListPodのコンテンツを取得するPodCastプラグインを利用して、いつでもPS3で今週のJPOP、洋楽のTop10のミュージックビデオみれるようにするcoRokcets Hacksを紹介したいと思います。

クレジット

共同開発者であるid:kawatan後輩の○に感謝します。二人の大きな協力がなければわずか4ヶ月でゼロからここまで大きな仕様を備えたソフトウェアを作り上げることは出来ませんでした。未踏の最終成果発表会までもう少しです。がんばりましょう。