読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

進化に関する一般教養を学びたい人はジョン・メイナード=スミスから読むと良いと思う

最近、いろいろ新書で進化関連の本を見かけますが、読んでみてもだいたいつまらないですよね。基本的に全滅と言って良いのではないでしょうか。一応、大学、大学院と生物学を専攻していたので、いろいろ本を読んだのですが、進化に関して基本的なことを学びたいのならばブルーバックとか新書を読むよりもジョン・メイナード=スミスの本を読むのが良いと思います。ジョン・メイナード=スミスはいろいろ良い本を書いているのですが、一番最初に読むならこれがお勧めです。

生命進化8つの謎
生命進化8つの謎John Maynard Smith E¨ors Szathm´ary 長野 敬

おすすめ平均
stars「8つの謎」にこだわらずに読むべし
stars生物システムの改変として見た進化
stars哲学レヴェルは高いが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

分子生物学と進化生物学の基本的な部分がきれいに抑えてあってとても良かったです。ジョン・メイナード=スミスはライターというわけではなく学者として超一流の人で以下のような経歴の持ち主です。

生物学にゲーム理論を最初に持ち込んだ人で、リチャード・ドーキンスの書くサイエンスの本の理論的な土台を形成した人です。で、上の本読んだ後はおなじみのリチャード・ドーキンスを読むと良いと思います。もちろん読むのは代表作「利己的な遺伝子」です。これ真剣に面白いです。決して眠くなるような退屈な本ではありません。

利己的な遺伝子 <増補新装版>
利己的な遺伝子 <増補新装版>日高 敏隆 岸 由二 羽田 節子

おすすめ平均
stars進化生物学の古典
starsパラダイムの転換をもたらした聖典
stars次の進化の行方は、、
stars投機家たちの自己利益最大化の行動は常に善良な社会を害するものなのか
stars統計的影響力を及ぼす複製子=遺伝子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミームなどを自分の都合の良いようにつかうトンデモな人が多いので、あれですがリチャード・ドーキンスの本はきちんと科学的なので、一般教養として読んでおいて損はないと思います。

リチャード・ドーキンスも読み終わって、まだ読み足りないと終わったらマット・リドレーの方が良いでしょう。こっちは二人の本と比較するとウンチクみたいなものですが、ウンチクはウンチクの良さがあります。

ゲノムが語る23の物語
ゲノムが語る23の物語Matt Ridley 中村 桂子 斉藤 隆央

おすすめ平均
stars「まえがき」から面白い
stars僕の体の中の軍拡競争
stars遺伝子のわくわくする姿
stars遺伝子が教えてくれた
stars染色体の中身は何を意味する?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マットリドレーは上の本と「赤の女王仮説」に関する本が面白かったです。

赤の女王―性とヒトの進化 (翔泳選書)
赤の女王―性とヒトの進化 (翔泳選書)Matt Ridley 長谷川 真理子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とおもったら、赤の女王はプレミア本になってますね。結構面白いトピックなので図書館などで読むと良いと思います。名著なので多くの図書館にはあるはずです。

そんなわけで下手な新書を読んで誤った知識をすりこまれないように、ちょっとだけお勧めの進化関連の本をまとめてみました。