読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

ポッドキャストというメディアの価値について今更語ってみる

Podcast

ポッドキャストというものがだいぶ落ち着いてきたこの時期にあえてポッドキャストをスタートしてみました。

ポッドキャストを始めようということになったのはほとんど偶然だったのですが、ポッドキャストというメディアをスタートさせるにあたりいろいろ考えました。スタートさせてみて気付いたこともあるので、ポッドキャストのメディアとしてのメリット、デメリットなどをまとめてみたいと思います。まずはデメリットからです。

ポッドキャストのデメリット

これはやってみてわかったのですが、ポッドキャストはプッシュ式のメディアであるため、自分のWebサイトにユーザをアクセスさせなくてもコンテンツを配信可能です。また、視聴も音声データであるためいろいろな場所で出来ます。ただ、このポッドキャストの場所を選ばない、音声データであるという基本的な要素がポッドキャストをメディアとして見た場合、

  • 広告などを差し込む余地がない
  • ユーザにリンクなどを提示して、他のURLにアクセスを流入させる手段がない

という大きな欠点を浮かび上がらせてきます。これは、個人が収録自体を楽しんでやる分には良いのですが、ある程度のマネタイズを考えている人が、新たに構築したいメディアとして見た場合、その価値はかなり低いと言わざるを得ないと思います。例え1万人が視聴する人気ポッドキャストになったとして、そこからマネタイズする方法が限りなくゼロに近いのです。もちろん方法はなくはないと思うのですが、blogやニュースサイト、まとめサイトのようにアドセンスやアフィリエイトを貼ってある程度小遣い稼ぎができ、リンクをユーザに提示してある程度のアクセスの流入を操作できる他のより気軽にスタートさせることが可能なメディアと比較するとマネタイズに関してはほぼ絶望的と言わざるを得ないと思います。
また、より深い問題として、Google検索に引っかからないという問題があります。現状、Podcastを網羅的に検索する術は基本的に存在しないため、ポッドキャストをスタートしても、宣伝をすること自体が難しく、ポッドキャストを普及させることの難易度はかなり高い印象です。そのあたりが結果的にポッドキャストがあまり流行らなかった理由かな、と思います。

ポッドキャストのメリット

まぁ、上のようにポッドキャストのデメリットについていろいろと記載してみましたが、「すでにある程度のアクセスを備えたサイトを持っている人が新たな付加価値をつけるためにあらたにスタートするもの」として考えた場合、ポッドキャストは結構おもしろいなのではないかと思います。
それは、まず第一にライブ感を伴っていることです。blogを長く続けているとどうしても、以前書いたのとおなじようなレトリックやオチを使わざるを得ないことが多くなってきます。僕も意識的に書き方を変えたりといろいろ試してみてはいますが、更新頻度が高くなるとそれも非常に厳しい。だれしもがそんなに語れるほどのコンテンツを保持しているわけではないですから。
しかし、ポッドキャストはblogのような活字メディアと明らかにその形態が違うので、それだけでいろいろと新鮮な印象を与えてくれます。よって、ポッドキャストのような新たなメディアをblogと併設して続けることで、活字に向いた話題はblogに、音声データに向いた話題はポッドキャストにとメリハリのきいた構成を組むことが可能になります。blogだけを長くつづけると、本当は音声データに向いている話題なので、すべて活字にしてしまうことで、勢いやそのコンテンツとして重要だったライブ感が失われる自体になってくるとおもいますので、そのあたりを補完する第2のメディアとして価値を考えてみることができると思います。
また、ポッドキャストがGoogle検索には引っかからないメディアであるということを違う側面から評価することが出来ると思います。これは友人にTwitterで言われて気付いたことなのですが、メディアを作る側としては、Google検索に引っかからないことはそれだけで大きな問題点ですが、情報のもらい手として見た場合、Google検索に引っかからない情報を取得できるということは、現代においてそれだけで結構他のメディアと差別化可能な自分の時間をさく価値のある情報なのではないかということです。この視点は持っていなかったので、友人に感謝なのですが、まぁ、僕はグラビアネタをメインでしゃべっているので何なのですが、トーク2のよしこさんの「肥大化した自己顕示欲をターゲットにするサービス 」などはいままで一度も聞いたことのない、まさしくよしこさんじゃないと提供できない種類の情報なので、これを聞き逃すとこの情報に出会うことは今後ないと思います。このあたりの一期一会的な感覚をユーザが持ってくれると非常に価値の高いメディアだと認識してくれるようになるのではないかと思いました。

まとめ

ポッドキャストのメリット、デメリットについて考察してみました。マネタイズやアクセスの面では非常に問題の多いメディアであるものの、それ以外の点で非常に優れた点を備えていると思っています。まったりと長く価値のある情報を届けていきたいと思いますので、もしよろしければご試聴下さい(笑)