読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

誰でもメディアとしてのAppBank、ケツダンポトフに関する考察

2009年発売の本の中で私的スゴ本の一つである「新世紀メディア論」ですが(「Free」はまだ積ん読中)、最近もう一度読み直してみて、改めて現在の日本で「誰でもメディア」が力を持つ環境が整いつつあることを感じました。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
おすすめ平均
starsWeb メディアを体験しながら,じっくり読むべき本
stars誰でもメディア化できるが、組織は必要では
stars誰でもメディア vs 誰でもメディア
starsオープンマインド、グローカルシンキング
stars面白いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「誰でもメディア」とは、曖昧な定義なのですが「ニッチを対象にした2、3人で運営されるメディア」というものでしょうか。このような新しいタイプのメディアとして最近注目しているのが「AppBank」と「ケツダンポトフ」です。「ケツダンポトフ」の方は、「ダダ漏れのそらのさん」という方が有名でしょうか?そういう意味では、ちょっとブランディングに失敗している気も。まぁ、そんなわけで、この二つのどこに注目しているか簡単に書いてみます。

AppBank

「iPhoneアプリ」という、人数は多くないものの訴求力の高い分野を対象に2人で機動力の高いニッチメディアを立ち上げるところは、まさに「新世紀メディア論」で言うところの未来のメディアの姿なわけですが、昨日のエントリーでちょっとおもしろい言説がありました。

私たちにとって広告の位置づけはとても特殊です。AppBankは広告をメディアビジネスの柱にしていません。私たちのやりたいことはアプリを販売して大きく儲けたいのです。広告ではありません。
広告枠の設置はあくまでも、iPhoneアプリの開発者様に AppBankのトラフィックを利用して儲けてもらいたいから、代理店の方にお願いし彼らのコストをかけて運用してもらっていると現在は考えています。
上から目線の書き方が続いて申し訳ないのですが、現状でiPhoneアプリの開発者にとってこの枠が必要でないのでであれば外すべきだと考えています。
さらに大事な点です。「AppBank のサイト運営、AppBankがこれから展開する広告以外のビジネスにとって広告が足かせになるのであれば、この事業はやめる。」これが代理店の方と約束したことです。

広告よりもアプリ販売(アフィリエイト)を重視するという姿勢は、確かに長期的に見た場合、広告よりも広告主とのwin-winの関係を築くことができる気がします。毎回話の種にして恐縮ですが、cookpadなどもまさしくこの姿勢で社長の佐野さんが広告がユーザにメリットにならないので、最初は好きではなく、その後ユーザに役に立つタイアップ系の広告をメインに据えることで、いままでのWebサービスとは異なる新しいメディアとしての価値を切り開いてきたと理解しています。そういう意味ではAppBankのアプリ販売をより重視するという姿勢は長期的に見た場合、安易に広告に走るよりも良いメディアとしての価値を切り開ける可能性があるんじゃないかと思いました。
[追記]コメントいただいたのですが、重視するのは「アフィリエイトとしてアプリ販売」ではなく「自分たちのアプリを売る」ということだそうです。そんなわけで、完全に誤読だったわけですが、とりあえず残しておきます。

ケツダンポトフ

サブカルパジャマトークでつっちーとも話題になったケツダンポトフ。といっても、ケツダンポトフの場合、実は記事はほとんど読んでいなくて、「ダダ漏れ」と呼ばれるソラノさんのustライブをよく見ています。

この「ダダ漏れ」の姿勢がすばらしくて、体当たりでいままで放送されていなかった事柄をがんがん取材していっています。Twitterとの親和性も抜群で、UstとTwitterの組み合わせで、放送をまるでみんなで一緒に見ているような感覚にさせるライブ感は、「新世紀メディア論」が書き上げられた当時では、まだ達成されていなかった今後の新しいメディアの形の一つといえるでしょう。たぶん、いま「新世紀メディア論」の改訂があったら、「ダダ漏れ」の話は必ず収録されると思っています。
ただ、一点疑問なのが、このケツダンポトフってどうやってお金を稼いでいるのでしょう。いくつか「ダダ漏れ」をお金に換える方法も思いつきますが、Twitterでの各種発言を見るに、どうやらそのようなこともやっていない様子。ちょっとこれはソラノさんに直接聞いてみた方が良い気がします。機会を見つけて、Twitterで質問してみようかしら。

まとめ

久しぶりに「新世紀メディア論」を読み直したので、最近注目しているAppBankとケツダンポトフ(というかダダ漏れ)についてまとめてみました。いろんなメディアが新しい情報を提供することでもっと毎日がおもしろくなってくると思うので、是非がんばってほしいと思います。