読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

50過ぎのおやじはどうしてFREEのネタを語りたがるのか

J-CASTの以下のニュースを見たときに、朝まで生サブカルパジャマトークを行う前、恵比寿のもつ鍋屋で飲んでいたときに、最近の50過ぎのおやじがすぐにFREEのネタを語りたがるという話でもりあがったのを思い出した。

まず、上のニュースで書かれているように無料購読キャンペーンが本の全体的な購買を押し上げることになるとは、僕は思っていない。あくまでFREEはロングテールを提唱したクリス・アンダーセンの語り口のわかりやすさ、いままで誰もが感じていたけど、言語化されていなかった現象に名前をつけたことが多くの人に評価され売れたんじゃないでしょうか。データがないでもなんとも言えないけど。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略小林弘人

日本放送出版協会 2009-11-21
売り上げランキング : 13

おすすめ平均 star
star今後のビジネスモデルの主流になる
star無料のもっと深いカタチ
starさすが話題の本ですね。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
そういう僕もFREEを読んだ後、サブカルパジャマトークで以下の話を語ってしまった。

さて、「何でFREEを読んだ後、50過ぎのおやじでもFREEについて語ってしまうのか」の理由を考えてみると、個人的にはたぶん「ガラパゴス化」と言葉の広がりと同じ理由なのではないかと思う。

「ガラパゴス化」という言葉のの広がり方

「ガラパゴス化」という言葉がネットに広く登場したのは、僕の記憶では2007年の中島聡氏の以下のエントリーが最初だったと思う。

その後、2008年くらいに海部美知氏の「パラダイス鎖国」、野村総合研究所レポートの『「ガラパゴス化」する日本』あたりで一気に世間的認知度があがった。その後、ガラパゴス化という言葉があまりにもコモディティ化し、2009年では戦略コンサルタントの間でガラパゴス化という言葉の理由が制限されている、などと言ったまことしやかな噂も聞いた。で、最近だと「超ガラパゴス戦略」のような意味のわからない言葉まで登場している始末。まさに使い尽くされた言葉だと思う。

超ガラパゴス戦略~日本が世界で勝つ価値創出の仕掛け
超ガラパゴス戦略~日本が世界で勝つ価値創出の仕掛け
おすすめ平均
starsガラパゴス悲観論へのカウンターパンチに成り得るか?
starsガラパゴス化って悪い意味もあったのか^^)
starsガラパゴスは楽園
stars日本はこれからも大丈夫
starsまさに今の日本に必要な1冊!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

FREEの何がおやじの心を掴んだのか

では、FREEはどうしておやじの心を掴んだのか。この理由を、僕は、はじめて世のおやじたちがGoogleという会社の成功を自分達が納得できる形で説明してもらったから、なのではないかと考える。どうしてGoogleがあのような成功を達成したか、ということを今までおやじたちにわかりやすい形で紹介出来た本はなかった。
というのも、「サ・サーチ」のようなGoogle本はすべてGoogleの成功に着目し、その革新的な会社のカルチャー、開発システムなどを説明した。しかし、その成功の理由を説明することはできても、なぜそれを社会が受け入れたかを説明できていなかった。ものを売るというわかりやすい製造業と比較して、Googleが社会に受け入れられる理由がおやじにはイマイチわからなかったのだ。だが、FREEはその部分を、いままで全く違う角度から説明した。なので、おやじたちはFREEに喰いついたのではないかと思う。
というわけで、今後、FREEという言葉は「ガラパゴス化」と同じようにIT分野で流行るんじゃないでしょうか。ただ、FREEで説明された「フリーミアム」という言葉はその現象を説明しているだけで、成功を約束してくれるような魔法のマーケティングではなく、むしろ既存の企業には焦土戦になってしまう可能性の方が高そうなので、注意は必要かと思います。