読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

書評「君に友だちはいらない」 瀧本 哲史

書店を歩いていたところ、瀧本哲史さんの「君に友だちはいらない」が発売されていたので、チームビルディングネタが好きな自分としては購入。早速読んでみた。本当はKindleで欲しかったけど。

さて、感想だが、チームビルディング系のネタが好きな人から見るとやはりちょっと物足りないかも、と思う。あくまで中身は自己啓発で、チームづくりという方法論の有効性をメインに述べており、チーム作りの具体的な手法に関してはさわり程度の紹介。そして、その手の本の取っ掛かりとしては良いのでは、と感じる。つまり、入門書として読むなら、おもしろいネタが多い。
ただ、取っ掛かり以上のことを期待すると、チームで共有すべき方法論については、まぁ、お世辞にもまともな手法が書いているとは言えない。特に「ビジョン」を作る部分で、神話の構成の話が書かれており、チームで共有すべきビジョンに関する、ストーリーというのを指輪物語やスター・ウォーズの話の構成をベースに解説にしているのだが、ビジョンをストーリーから逆算して作れる才能って、もうそれだけで外れ値なのでは、と思う。
つまり、本でいうところの3章に当たる「ビジョン」をどうするかの部分の内容が極端に薄い。「ビジョン」をどのように扱うかについては、リーンスタートアップのようなビジョンをベースにどのようなアプローチを取るべきかがある程度研究されているので、そちらの方向の本も一度読んでおくのが良いかも、と思う。ただ、筆者も100人がこの本読んだら、1人でも道をいい意味で踏み外してくれれば良い、くらいの気持ちで書いていると思うので、細かいことは言わずに楽しみたい。そういう意味では、中身の傾向としては、「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」に似ており、そこにチームづくりの重要性を加味したものと考えると本のイメージが湧きやすいかも。で、ここからは本の話と直接関係ないのだが、チームアプローチを考える上で、難しい部分は「コントロールできる」ことをどこに置くべきか、という点だとおもう。何か一つのタスクをこなすとき、「自分でやってもなんとかできること」を「他の人にお願いする」という時に、そこに会社組織とか、金銭のやりとりがあるのならば、話としては結構シンプルだが、そうではなかった場合、「ビジョンの共有」とか「ギブアンドテイク」とかの「コントロールできない」ことが絡んでくる。ましてや「自分ではできないこと」が「コントロールできない」ことに含まれてしまうと、プロジェクトとしてはかなり厳しい。
この「コントロールできる」と「コントロールのできない」のバランスを間違えると、プロジェクトはすぐにストップするし、チーム間で不満はたまるし、最終的に簡単に崩壊する。つまり、プロジェクトにとってコアな部分を「コントロールできる」ことに置きつつ、スケールさせたい部分を「コントロールできない」ことにする。このバランスをどのように考えるかが、チームアプローチを行う上で重要になってくる。そう考えた時に、この本に記載されている「ビジョン」をメインに考えるアプローチがどれくらい日本で有効なのか、僕自身は結構懐疑的だったりする。ここの部分を詰めないとサクッと失敗すると思うので、チームアプローチはチームアプローチなりの難しさがあり、それは個人でやるとは別のレイヤーの能力が絡んでくることに注意が必要である。
まぁ、そんなわけで、いろいろ読みながら不満点はあったけど、全体で見たら結構おもしろい本だと思いますので、おすすめです。