読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

スマートフォンによりデジタルカメラ市場が縮小するなかでユーザーが取るべき戦略

shi3zさんの以下のエントリーを読んで、スマートフォンによりデジタルカメラ市場が縮小するなかでユーザーが取るべき戦略について考えた。

エントリー自体はshi3zさんの愛にあふれたナイスポエムだが、改めて考えてみると、このフルサイズのレンズ優先で考える方向性は今後のスマートフォンの進化を考えると理にかなっていると感じた。というのも、今後コンパクトデジタルカメラ市場がスマートフォンに押されてさらに市場を縮小するのは確定であり、ますますコンパクトデジタルカメラ市場は狭くなっている。

まずshi3zさんのエントリーでも紹介されていたCanonのこのスライドが現状の市場を理解する上でわかりやすい。

f:id:gamella:20140922103710p:plain

こうなっているのには、もちろん理由があって、スマートフォンがデジタルカメラの市場を奪っているわけだ。構図としては、この前書いた以下の時計のエントリーに似ている。

ただの時計としてのApple Watchの評価 - FutureInsight.info

そんななか、「3万円以内で買えるデジカメを探しているのですが、おすすめがあったら教えてください。iPhoneよりはきれいに撮りたいです。常時かばんに入れておきたいです。」という質問をTwitterでしている方があり、いろいろ考えて現状Amazonで2万7千円のXQ1をおすすめました。

XQ1はこちらのカメラ。

XQ1をおすすめした理由は単純で「富士フィルム」のJPEG撮って出しの発色の良さ。なかなかこの色合を出せる3万円以下のコンパクトデジタルカメラはなく、現状3万円以下でおすすめできるカメラで、iPhoneを明らかに超える写真が撮れるとしたら、このカメラかな、と思った。

でも、実際にこのカメラとiPhone 6のカメラを比べたらどっちが良いのだろう、というのは難しいところ。というのも、iPhone 6はセンサーサイズ自体はiPhone 5sから変化していないものの、位相差検出画素が搭載され、AF性能は一眼レフと同等クラスの性能があるだろう。これは動くものに非常に強くなったとかんがえることができる。さらに撮った写真をPS Expressなどのアプリですぐに加工できることをiPhoneのカメラ性能というのはアプリによる修正機能とセットで考える必要がある。となると、3万円以下のコンパクトデジタルカメラがiPhoneにかつことは、そのスケールメリットと有り余るCPU性能(撮った後の加工に利用可能)を考えると、ますます厳しくなると考えざるをえない。

では、市場は縮小するにせよ、デジカメを利用する側からするとどんなアプローチがあるだろううか。ひとつはセンサーサイズ重視のアプローチである。現在、僕はリコーGRを利用しているが、リコーGRはこのコンパクトなサイズにもかかわらず、センサーは一眼レフと同等のAPS-Cサイズであり、RAWで保存したファイルをPCで現像すれば、まだまだiPhoneに負けない写真を取ることができる。

ただ、これは6万円するので、コンパクトデジカメにする出費としては最大級だ。この額だと、一眼レフももちろん選択肢に入ってくるが、今後コンパクトデジタルカメラには投資せず、フルサイズメインでお金を使うという割り切った戦略もあると思う。5D MarkIIのエントリーも読んでいて、結構こっちの路線にちかいなと思ったが今後いろんなメーカーが付加価値優先のフルサイズ一眼レフをリリースするなかで、最初からフルサイズ対応レンズにお金をかけていくというアイディアだ。個人的にはこれが結構本命感高い。iPhoneのカメラ性能が上がって、コンパクトデジカメはいらないものになるのはほぼ確定なのだから、良い写真を取るためだけの出資をしていくという方向性だ。

ただ、今一番安いフルサイズ機であるα7でも価格.comでボディで12万円、レンズキットで14万円くらいするので、ちょっと投資するのには勇気がいるな。

まぁ、でもたぶんもう少ししたらフルサイズ機自体は買いそうな気がしますね。最終的にはiPhone+フルサイズという組み合わせに自分は落ち着きそうな気がします。