読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FutureInsight.info

AI、ビッグデータ、ライフサイエンス、テクノロジービッグプレイヤーの動向、これからの働き方などの「未来」に注目して考察するブログです。

今でも雑誌好きな人々にdマガジンはかなりオススメのサービス

雑誌産業が下火なのは、皆様御存知だと思いますが、僕はかなりの雑誌好きで、面白そうな特集の雑誌はほぼ購入し、またいろいろ雑誌を定期購読したりしています。ただ、一番の悩みは部屋に溜まり続ける雑誌で、結構重いので、捨てるのもそこそこ手間です。そんなときにふと見かけたdマガジン。ドコモが展開している月400円で雑誌閲覧ができるサブスクリプション型のサービスですが、結構興味あったので、登録してみました。

結論からいうと特徴としては以下の3点かと思います。

  • コンテンツがこれまでの雑誌閲覧サービスと比較しても非常に充実している
  • UIはそこまで洗練されていないが、雑誌を探すという目的に限って言えば合格点
  • 肝心の閲覧時の画像が非常に綺麗なので雑誌サービスに求められる根幹部分がしっかりしている

なお、僕の試したのはiPhoneアプリの方です。

dマガジン

dマガジン

  • 株式会社NTTドコモ
  • ブック
  • 無料

Android版は試してませんが、なんとなくこのUIはAndroid側を意識して作られている(iPhoneのコンポーネントがほぼ利用されていない)ように思うので、きっと同じUIなのではないかと予想します。ではそれぞれ見て行きましょう。

コンテンツがこれまでの雑誌閲覧サービスと比較しても非常に充実している

これが一番重要な部分だと思うのですが、閲覧できる雑誌は非常に充実しています。詳細は以下のページで確認してください。

AREAやSPA!、サイゾーなどの低俗系雑誌、GOETHEやGQなどのおやじ系情報誌、クーリエ・ジャポンやNewsweekなどの海外情報系雑誌、WIREDやPenなどのおしゃれ系雑誌などとりあえず読みたいものは抑えられている感じ。あと、VOGUEなどのハイファッション系からHanakoまで女性誌が異常に充実しているので、女性も楽しめる構成になっています。雑誌読み放題はこれまでもビューンなどいくつかありましたが、ここまで読めたものってなかったですよね。

地味に嬉しいのがPen、dancyuやPresident familyなどの買うほどじゃないけど、特集が面白そうな場合は個人的に買いたい雑誌が揃っていること。このあたりの痒いところに手が届く形で雑誌が揃っているサービスって始めてなのではないかと思います。

一点、注意してほしいのは、SPA!やプレイボードなどでエロ系のコンテンツは掲載されていないこと。これはおそらくdocomo側の基準があるのではないかと思いますが、逆に安心して家でも読めるし、それはそれで良いのではないかと思います。なお、SPA!だとグラビアン魂がないみたいなので、お気をつけください。

UIはそこまで洗練されていないが、雑誌を探すという目的に限って言えば合格点

これは起動してみていただければわかるのですが、UIはお世辞にも洗練されているということはないです。ただし、洗練はされていないのですが、悪くない。それどころかパラパラと見たい雑誌を探すという目的に関して言えば合格点だと思います。

f:id:gamella:20141220072715j:plain

UIの挑戦的なポイントは、記事別におすすめ記事を雑誌内からピックアップしていること。この機能って、これまでのサービスでも見かけたこと無いので、雑誌のなかからおすすめの記事をすべての雑誌をフラットに見せるっていうのは、結構調整苦労したのではないかと思います。

肝心の閲覧時の画像・文字が非常に綺麗なので雑誌サービスに求められる根幹部分がしっかりしている

コンテンツと並んで気に入ったのは、雑誌の内部の記事画像、文字が綺麗だということ。ズームで文字に一番よってみたの画像がこれ。

f:id:gamella:20141220072725p:plain

ズームして文字でここまで綺麗なのは、どのようにレンダリングしているかイマイチ不明ですが、いずれにせよかなり良いです。これまでのストリーミング系の雑誌サービスでいけてなかったのは閲覧画像が微妙にきたないことだったのですが、dマガジンに関しては完全に合格点。合格点どころかこれ以上は難しいのではないかと思うくらい綺麗です。

ここがしっかりしているのが雑誌好きとしては非常に嬉しい。

まとめ

そんなわけで、dマガジン、雑誌好きにはおすすめということで良いと思います。一点気になったのは、15分触っただけでそれなりの転送量(僕の場合は200MB)になったこと。これは見る雑誌やスピード次第だと思いますが、3日で1GBの制限があるキャリアだと結構キツイかもしれません。通勤時ではなく、家でWiFiで見るのが無難でしょう。

あと、docomo id持ってない人はあらかじめdocomo idを作る必要があるのですが、このあたりの導線がかなりイケてない。具体的にいうとまさかのdマガジンアプリからアカウントを作ることはできません。なので、アカウント持ってない人はあらかじめPCなどからドコモのWebサイトに行って作りましょう。普通にdocomo id持ってない人がアプリ起動するとはまります。

上のように幾つか気になるポイントありますが、それを除けば月400円でここまでコンテンツが揃ったサービスは珍しいと思います。かなりマイナーな雑誌も揃っているので、個人的には1ヶ月まずは使ってみよう、という気になりました。